ヴェンティミリア-イタリアの国境の町

ヴェンティミリア-イタリアの国境の町

イタリアのリグーリア海岸にある港湾都市です。ヴェンティミリアには税関が​​あります。ヴェンティミリアは非常に小さな地方の町です。フランス国鉄に滞在している場合は、列車の運転士SNCFで行くことができます。イタリアからお越しの場合は、トレニタリアが運行する鉄道をご利用ください。もちろん、旧市街もありますが、それは貧しい地区のためにスラム街のようです。

旧市街と展望台は、ロイア川を渡って市内中心部から離れた場所にあります。 、リグリア海に流れ込みます。旧市街を歩くと、12世紀の聖母マリア被昇天大聖堂が見えます。大聖堂の近くにある八角形の建物は注目に値します。洗礼者ヨハネにちなんで名付けられた洗礼者ヨハネです。旧市街のコレッタ広場には、10世紀の大天使ミカエル教会があります。ヴェンティミリアでは、ヨーロッパのほとんどすべての中世都市と同様に、ローマ時代の遺跡がアルビンティミリウム考古学コンプレックスにあります。

このようなリゾートタウンでは、できません創設者のトーマス・ゲンバリーにちなんで名付けられた1860年の植物園なしでやってください。その長さは18ヘクタールです。小石の岸に立っているカラフルな明るいボートのあるリグリア海の美しい日当たりの良い広い遊歩道は、それに沿って歩くように手招きします。堤防の片側には海があり、反対側には多くのバルコニーがある7階建ての住宅があります。

住宅は無秩序に配置されています。家は山にぶつかります。買い物客のために、月曜日に開いている衣料品市場があります。主なことは、シエスタを捕まえることです。シエスタは午後12時に始まり、午後15時に終わります。周りを見回す前に、誰もいません。

市場がなかったかのように。さて、鞄、上着、靴を買う時間がなかったら、住宅の1階に小さなお店やアウトレットがあります。堤防にはたくさんのレストランがあります。しかし、住宅街にある「ファミリー」カフェで食べる方が安いです。堤防を切り、街の奥深くに行くと、そのようなものが見つかります。とても美味しく、すぐに出され、人がほとんどいない、快適な家庭環境です。多くのフランス人は週末にヴェンティミリアに旅行し、食べ物、アルコール飲料、タバコ製品、衣服を購入します。価格はここではるかに安いです。メインストリートには、灰色と白の縞模様で描かれた教会があります。

そして、その側面には、お土産屋さんです。ベネチアンマスクの豊富な品揃え、ムラノガラス製品もあります。ヴェンティミリアで迷子になることはありません。あなたは海か駅に行きます。駅には、フランスとイタリアのオペレーターのチケットオフィスがあります。機械でチケットを購入することもできます。ヴェンティミリアは、ニースから電車で50分、ヴェンティミリアからサンレモまで電車で10分です。