モロッコの妖精王国

モロッコの妖精王国

モロッコは、おいしいみかんと鮮やかなオレンジの故郷である小さな国です。アフリカ北西部に位置しています。独特の文化、珍しい伝統、数多くのアトラクションを持つこの驚くべき国は、その美しさと洗練さでさまざまな国からの観光客を常に魅了しています。

モロッコは、興味深い歴史博物館、建築物、豊かな自然だけでなく、地元の職人による見事な手作り作品でゲストを驚かせ続けています.

ラバト

モロッコ王国の行政と文化の中心地はマラケシュではありません。と思う人もいるかもしれませんが、ラバト.

< p data-ctag="figure">

この壮大な都市は、美しい古代の光景とあらゆる種類の宗教的建造物で有名です。さらに、首都には多くの国立ギャラリーや美術館があります。

フェス

この有名な古代市は、この小さな国の文化の中心地と考えられています。まず第一に、フェズは、壮大な噴水、美しいモスク、伝統的なモロッコ様式で作られた住宅で観光客を魅了します。

染料屋

見どころFes の 1 つは大規模な協同組合である染色工場で、約 500 世帯が働いています。これらの人々は代々、皮革加工の秘密と、この天然素材から美しい製品を生み出す秘密を伝えています。

Fes Dyers は、原材料の処理と染色の自然な方法にこだわっているため、これらの製品は世界中で高く評価されています。すべての皮を鳩の糞に浸し、ケシの花、サフラン、ミントなどの天然染料でさまざまな色に染めます。染色業者には、バッグ、財布、ベルト、上着、スリッパなど、誰もが天然皮革で作られた珍しい製品を購入できるショップがあります.

シェフシャウエン

おそらくモロッコで最も珍しい魅力は、シャウエンの街です。

すべての住宅、非住宅の建物、門、植木鉢、歩道、小さな建築物は青く塗られています。